植木剪定と庭手入れ

留守宅のお庭管理

お庭の年間管理

実家のお庭管理

大木ケア・巨木伐採

雑草対策ガーデニング

事業所向け緑地管理

相互リンク

リンク集

 

 

【庭の手入れ一言コラム】

 

好みの草花を花壇や鉢で育てて楽しむように、自分の好きな植木を選び、
自分で庭に植えるという方が増えてきたようです。
近年のガーデニングブームに加え、ホームセンターのような身近なところで、
様々な植木を手軽に入手できるようになったことも関係していると思われます。

しかしながら、植木を購入したその先のこと、「植える」「育てる」「維持管理する」
といったことは、実は、なかなか「手軽に」というわけにはいきません。
とりわけ初心者の方にはわからないことも多く、うまく育たなかった、
中には途中で投げ出してしまった、といった、残念な例も見られます。

植木を植えて、育てる前に、見落としてしまいがちな大切なこと、
それは、植木を選ぶこと、つまり選び方です。
園芸売り場で植木を選ぶときに、あらためてご自宅の庭の大きさや日当たり、
植える場所は庭の中ほどか、あるいは隅の方かを思い出して、
次の最低限のポイントをチェックしてみてください。

購入しようとしている植木は、将来どのくらいの大きさになるのか?
植木は大きさで分類すると、低木(人の背丈より低い木)、中木(3m~5m程度)、
高木(5m~7m超)と分類され、それぞれをうまく組み合わせて植え、
庭の景観をつくります。
ですからスペースの小さな庭では高木を避けないと、近隣や道路に越境し、
枝で家屋を痛めることもあるので注意が必要です。
本数も抑えないとジャングルのようになってしまいます。

購入しようとしている植木は、日向向きか、日陰向きか、半日陰向きか?
木の種類によって日照を好む木や、日陰を好む(日陰に耐える)木など、特徴がありますので、
お庭の環境に合うのかを検討する必要があります。
日照のほかに土壌の質も、お庭の環境として重要ですが、日照や土壌の条件は、
やや知識を要しますので、お店のスタッフに相談するのも良いでしょう。

その上で、自分の好みの植木-花の美しい木、実のなる木、幹肌がきれいな木、紅葉する木、
落葉する木-など、春夏秋冬それぞれの季節の姿などもイメージして選んでみてください。

 

 

初めての方用お問い合わせ

お得意様用お問い合わせ